LINEモバイルの料金プラン紹介!とにかく安くしたいならコレ!

スポンサーリンク
LINEモバイル 料金プラン LINEモバイル

格安SIMの中でも特に人気の「LINEモバイル」ですが、LINEモバイルに変えるとどのように得になるのか正直よくわからないですよね。
今回はLINEモバイルに変えるとどのように得になるのかオススメポイントをご紹介します。

LINEモバイルでお得にスマホを使うなら…

多くの方におすすめできるのが、
「データSIM or 音声SIM」+「500MB」+「LINEデータフリー」
の最安プランがおすすめです。

使い方でおすすめの内容は変わることがありますが、現在のWiFi環境や電話番号が必要かどうかでプランを決めることが出来ます。

では実際に解説していきますね。

LINEモバイルの料金プランはどんなものがあるの?

LINEモバイルのプランを決めるときには、電話を使うかどうかで大きく変わります。

LINEモバイルの料金プランは「SIMタイプ」「データ容量」「オプション」の3つを選択するだけで最適なプランを契約することが出来ます。

LINEモバイル 料金プラン

しっかりと自分に合ったプランで契約をすることでスマホ料金が大きく節約できるので、ぜひ見直してみてください。

LINEモバイルの「SIMタイプ」は何を選べばいいの?

LINEモバイルのSIMタイプは他の格安SIM業者と同じように「データSIM」と「音声通話SIM」が選べます。

LINEモバイル データSIM LINEモバイル 音声通話SIM

データSIMはどんなSIM?

「データSIM」は電話番号は付与されないタイプのSIMです。
電話番号を使うことが無い方や通話はLINEの無料通話などで十分であればこちらの「データSIM」がおすすめです。

音声通話SIMはどんなSIM?

一方「音声通話SIM」は電話番号が付与され、現在LINEモバイル以外を使っている方は電話番号はそのままでLINEモバイルにすることが出来ます。

電話を使わない場合は「データSIM」を選択。電話番号が必要な場合は「音声通話SIM」を選択します。

データ容量はどのくらい必要ですか?

LINEモバイルに用意されているのは「500MB」「3GB」「6GB」「12GB」の4種類です。

これは自宅と外出時のWiFi環境の有無や普段のスマホの使い方で大きく変わります。
自宅にも外出時にもWiFi環境があるのであれば「500MB」で契約して、ネットは常にWiFiに接続していれば問題ありません。

自宅にもWiFi環境がなく、外出時に持ち歩けるようなモバイルルーター(Pocket WiFi)などもない場合は、使い方にもよりますが、別途モバイルルーターを契約したほうが結果的に得になることがあります。

多くの方はスマホでゲームをしたり、YouTubeや動画を観たりすることがありますよね。
1GBでどのくらい動画コンテンツを楽しめるのでしょうか。

目安としてYouTubeの中画質(480p)だと約2時間、高画質(720p)だと1.5時間ほどです。
Amazonのプライムビデオで映画を視聴した時、高画質で視聴した場合の通信量は1時間で1.4GBです。毎晩YouTubeを視聴したり、休日に映画を観る方はLINEモバイルの契約通信量では足らないですよね。

一番おすすめなのが【最安プラン+モバイルルーター】です。
LINEモバイルの500MBのプランで契約をして別途モバイルルーターを契約する方法です。
THE WiFi】や【どんなときもWiFi】なら3,480円で使い放題です。

LINEモバイルを「音声通話SIM」に「500MB」「LINEデータフリー」で契約して、「THE WiFi」を契約したときの月額費用の合計は税込み5,038円です。
上記の契約であれば、電話番号を現在使っているものが使えて、LINEの通信量はカウントされることがなく、YouTubeや映画も見放題になるのでお得ですよね。

データフリーオプションは必要?

LINEモバイルには「LINEデータフリー」「SNSデータフリー」「SNS音楽データフリー」3種類のデータフリーオプションが用意されています。

LINEモバイル データフリーオプション

LINEデータフリー

LINEデータフリー

「LINEデータフリー」はLINEアプリでのメッセージのやり取りや、アプリ内の無料通話にかかるデータ通信がカウントされません。
LINEアプリ

「とにかく安くしたい」「普段の連絡手段はLINEばかり」という方にはピッタリのプランです。

SNSデータフリー

SNSデータフリー

「SNSデータフリー」は「LINEデータフリー」にTwitter・Facebookが追加されたもので、SNSを頻繁に使う方はこちらがオススメです。

TwitterやFacebookに写真や動画を投稿するときはデータ通信を使用するので、それらがカウントゼロになるのは大きいですよね。

SNS音楽データフリー

SNS音楽データフリー

「SNS音楽データフリー」では「SNSデータフリー」の内容に加え、「LINE MUSIC」「Instagram」がデータフリーになるプランです。

LINE MUSICやInstagramを使っている方はこちらがオススメです。
最近ではスマホで撮影する写真や動画は高品質なものが多いので、その分データ使用量も増えてしまいます。

その点この「音楽SNSデータフリー」は主要なものがSNSが含まれているので、安心してスマホでSNSを楽しむことが出来ます。

データフリーオプションを使わなくても…

データフリーオプションの特徴について解説しましたが、データ容量の項目で触れた「モバイルルーター」があればデータオプションは必要なくなります。

特定のSNSのヘビーユーザーだったらオプション加入も選択肢に入りますが、YouTubeなどの動画コンテンツは適用外です。

SNSアプリよりもYouTubeなどの動画コンテンツの方がデータ容量を多く使用するので、データ容量を気にしないでスマホを使いたいとう方は「モバイルルーター(Pocket WiFi)」を併用するのがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました